沿革

 

1968

埼玉県入間郡大井町にて造形物製造を個人創業(内田工芸)

1974

大型部品・造形物及び量産に伴い川越市下赤坂新工場へ移転

1984

2輪レース部品の試作取引基本契約締結

1987

大型車両部品の量産を開始

1991

エアロパーツ開発及び製造開始

1998

工場移転のため、現住所に移る(平成10年)

1999

中型オートクレーブ導入(2輪関連ACM成型開発開始)

2002

4輪試作・開発部品取引基本契約締結によりF1試作開発着手

NC加工機に伴う設備及び測定機器導入のため第2工場を拡張

2003

大型・小型オートクレーブ設備導入及び第2クリーンルーム開設

SUPER GT及び国内外レース用部品開発着手

2004

各車種各成型によるモーターショーモデルに着手

2005

航空機関連部品開発着手

2輪・4輪・航空機にわたる事業部制によるシステム開始

次世代自動車及び防衛航空機の各国家プロジェクトに参画

2006

株式会社UCHIDAに社名を変更し複合材製造マニュファクチャラーとして営業開始

製造会社として有限会社内田工芸を新たに設立

2007

第2工場を三芳町に設立

【航空宇宙部門】JIS Q 9100/JIS Q 9001認証取得

2008

経済産業省様より「元気なものづくり300社」受賞

2009

埼玉県上田知事とことん訪問

宇宙部品国内最大級の成形加工に着手

2010

複合材設計解析導入・産業労働企業委員会視察訪問

2011

HRCオフィシャルパートナーとしてサポート契約・経営革新計画承認

海外ヘリコプターメーカーに試作部品初納入

2012

内田工芸を株式会社UCHIDAに統一

2013

創立45周年を迎える

フォルクスワーゲングループ監査合格

世界に向けてアグスタウエストランドのローターブレードを発表

IHIエアロスペース社より優良企業として表彰

代表 内田、博士号取得に向けて大学院入学

2014

プロジェクト ゼロ チームがグローバー E. ベル賞を受賞。(UCHIDAは16サプライヤーの一社として参加)

最新自動成形システムの導入