CFRPの材料

CFRPの主な材料となる炭素繊維とマトリックス樹脂はどのような素材なのか。

ここではその種類や特徴を解説いたします。

炭素繊維

特 徴
  • 比強度・比弾性率が高い
  • 耐食性・耐薬品性に優れている
  • 設計の自由度が高い材料
  • 線膨張率が小さく寸法安定性に優れている
  • 疲労特性に優れている
  • 振動減衰性に優れている
  • 導電性を有する
  • X線透過性に優れている
種 類

PAN系(ポリアクリロニトリル繊維)

高強度・高弾性の繊維として航空宇宙分野の構造材料からスポーツレジャー用品など広い分野に使われている。

ピッチ系(コールタールなど石油系原料とした繊維)

主に高弾性・超高弾性タイプの繊維として高剛性・熱伝導・導電性などに優れ人工衛星や搬送用部品などに使われている。

マトリックス樹脂

種 類

主な熱硬化性樹脂(CFRTS)の場合

  • 不飽和ポリエステル
  • エポキシ
  • ビニルエステル
  • ビスマレイミド
  • フェノール
  • シアネート
  • ポリイミド

主な熱可塑性樹脂(CFRTP)の場合

  • PA(ナイロン)
  • PP(ポリプロピレン)
  • PPS(ポリフェニレンサルファイド)
  • PEI(ポリエーテルイミド)
  • PC(ポリカーボネート)
  • PET(ポリエーテルテフタレート)
  • PEEK(ポリエーテルケトン)
  • PEKK(ポリエーテルケトンケトン)